社会

豪雨で住宅1万3千棟以上に被害 全容把握は長期化か

 土砂崩れで家屋が押しつぶされた現場=10日午後3時38分、熊本県芦北町

 九州を中心とした記録的な豪雨で、19県の1万3千棟以上の住宅が浸水や土砂崩れによる倒壊などの被害を受けたことが10日、総務省消防庁の集計や自治体への取材で分かった。被災地では道路が寸断され、多くの集落が孤立。役場が被災して機能を移した自治体もある。被害はさらに増える見通しで、全容把握は長期化しそうだ。

 熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が発表されたのは4日未明。活発な梅雨前線が停滞してその後も雨が続き、大雨特別警報は6日に福岡、佐賀、長崎3県に、8日にも長野、岐阜両県に出された。各地で河川氾濫や土砂災害が相次いだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス