政治

首相、13日に豪雨被害の熊本へ 現地視察、知事と面会も

 首相官邸に入る安倍首相=12日午後

 首相官邸は12日、安倍晋三首相が13日に豪雨による河川氾濫などで甚大な被害が出た熊本県を視察すると発表した。蒲島郁夫知事との面会や、入所者が犠牲となった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」訪問を予定している。政府は、首相が帰京後の13日夕に豪雨非常災害対策本部会議を官邸で開き、今後の対策を協議する。

 首相が今回の豪雨の被災地に入るのは初めて。視察結果を復旧・復興の施策に反映させる考えだ。政府は九州や長野、岐阜両県など広範囲に被害をもたらした今回の豪雨を激甚災害に指定する方針で、近く閣議で正式決定する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス