スポーツ

バレー、中垣内監督が五輪で見解 延期「プラスでしかない」

 オンラインで取材に応じるバレーボール男子日本代表の中垣内監督=14日

 バレーボール男子日本代表の中垣内祐一監督が14日、オンラインで取材に応じ、東京五輪延期について「若い選手が多いということは、まだ伸びしろが多いということ。(強化期間が)1年加わるのはプラスでしかない」と前向きに捉えた。

 新型コロナ感染拡大の影響で合宿は4月6日に打ち切られたが、全員がPCR検査を受けるなどして6月20日に再開した。現在は17人で練習しているという。フランス人のコーチも入国しており、2週間の隔離を経て20日に合流予定。

 日本協会はこの日、男女の代表各チームが8月2日に紅白戦を無観客で開催し、試合の様子をネットで配信(有料)すると発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス