国際

英仏、マスク義務強化 コロナ感染拡大の兆候

 フランスのマクロン大統領

 【パリ、ロンドン共同】英仏両政府は14日、新型コロナウイルス対策で公共の場でのマスク着用義務を強化する方針を示した。フランスのマクロン大統領は国内で感染が再び拡大している兆候があるとして、店舗など屋内の公共の場でマスク着用を近く義務化したいと表明。ハンコック英保健相はスコットランドに加え、イングランドの店舗やスーパー内でもマスク着用を24日から義務化すると発表した。

 マクロン氏はテレビのインタビューで「外出する際は最大限マスクを着けることを推奨する」と述べた。マスク着用を義務化する時期の案として8月1日に言及した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス