東京、コロナ最高警戒レベルに 小池知事「感染拡大警報を」

 東京都心。中央は都庁

 東京都は15日、新型コロナ対策本部会議を開き、感染状況に関する警戒度を4段階の指標で最も高い「感染が拡大している」へ引き上げた。この日は感染者が新たに165人報告され、7日連続で3桁の水準。小池百合子知事は臨時の記者会見で「『感染拡大警報』を発すべき状況だ」として都民に都外への不要不急の移動を控えるよう訴えた。

 15日の国内感染者は454人で、5月25日の緊急事態宣言解除後の最多を更新。大阪府61人、神奈川県43人で、ともに宣言解除後の最多となった。

 休業要請については市区町村と連携し、感染リスクの高い業態に対して協力金とセットで実施する方向性を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス