スポーツ

元フィギュア選手が転落死か 豪代表のアレクサンドロフスカヤ

 平昌五輪でハーレー・ウィンザー(下)とペアで演技するエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ=2018年2月、江陵(ゲッティ=共同)

 フィギュアスケートのペアで2018年平昌冬季五輪にオーストラリア代表として出場した20歳のエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤがモスクワで死亡したと18日、AP通信などが報じた。英大衆紙サン(電子版)はロシアからの報道として「窓から転落して亡くなったが、原因は特定されていない」と伝えた。

 ロシア出身のアレクサンドロフスカヤはオーストラリアでハーレー・ウィンザーとペアを結成し、17年に世界ジュニア選手権で金メダルを獲得した。今年に入って故障などで現役を退いた。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス