スポーツ

大阪のジムで5人目感染者 ボクシング、新型コロナ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は21日、大阪府内のジムに所属するプロ選手の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。19日にPCR検査で陽性と判定された。同ジムでは17日以降、感染者判明が相次ぎ合計5人となった。ジムは現在閉鎖されており、男性は自宅待機中。個人情報保護の観点からジム名などは公表していない。

 JBCによると、同ジム所属選手が練習のために訪れた別のジムの関係者にも感染の疑いがあるという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス