政府の情報発信、専門家が批判 医療体制「東京逼迫せず」は誤り

 東京都庁で開かれた新型コロナウイルスに関するモニタリング会議=22日午後

 東京都が22日に開いた新型コロナウイルスの感染状況を評価するモニタリング会議で、専門家として参加した杏林大の山口芳裕主任教授が「医療提供体制はさまざまな人の努力でなんとか踏ん張っている。国のリーダーが伝えている『東京は逼迫していない』というのは誤りだ」と述べ、政府の情報発信を批判した。

 会議では都内の医療提供体制について、4段階の警戒度で示す指標のうち2番目に高い「体制強化が必要」との判断が維持された。

 山口氏は「病床の確保には入院患者の移動や消毒などで手間もかかる」と説明し、病床の確保は直ちに感染者を入院させられることを意味しないとの見解を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス