スポーツ

中5―0巨(22日) 中日が連敗4で止める

 3回中日2死一、二塁、大島が右翼線に先制二塁打を放つ=ナゴヤドーム

 中日が連敗を4で止めた。三回に大島の二塁打で先制、四回はA・マルティネスと京田がソロ。八回は石川昂が適時打でプロ初打点を挙げた。松葉は6回無失点で2勝目。巨人は今季初の零敗で連勝が7でストップ。戸郷が不調だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス