政治

枝野氏、首相「国会で説明を」 緊急事態再宣言否定で要求

 記者団の取材に応じる立憲民主党の枝野代表(中央)=25日午後、岐阜県下呂市

 立憲民主党の枝野幸男代表は25日、新型コロナウイルス新規感染者が増加する中、安倍晋三首相が緊急事態宣言の再発令に否定的な見解を示したことに関し、国会などで根拠を説明するよう求めた。「どういう根拠に基づいているのか、時間をかけて丁寧に記者会見し、国会の質疑を通じて発信すれば困っている人も安心できる」と述べた。視察先の岐阜県下呂市で記者団に語った。

 首相は24日、官邸で短時間、記者団の取材に応じ、現段階での再発令を否定した。専門家も同意見だとした。

 枝野氏は「具体的な発信がない。抽象的に『専門家に聞いた』だけでは安心できない状況だ」と批判した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス