スポーツ

大相撲、白鵬と朝乃山が8戦全勝 御嶽海に土、1敗は正代ら3人

 白鵬(右)がはたき込みで輝を下す=両国国技館

 大相撲7月場所8日目(26日・両国国技館)横綱白鵬が輝をはたき込んで8連勝。自身の最多記録を更新する50度目のストレート勝ち越しを決めた。新大関朝乃山は碧山を危なげなく寄り切り、土つかずで勝ち越した。

 御嶽海は正代との関脇同士の一番で突き落とされて初黒星。正代は7勝目。かど番の大関貴景勝は北勝富士にはたき込まれ、3敗目を喫した。

 8戦全勝は白鵬と朝乃山の2人となり、1敗は正代と御嶽海、平幕照ノ富士の3人。十両は若元春が1敗で単独トップ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス