スポーツ

右手骨折の阪神・糸原が手術 全治などは不明

 阪神の糸原健斗

 阪神は28日、糸原が大阪市内の病院で「右手有鉤骨の骨部分切除術」を受けたと発表した。22日の広島戦の五回に代打を送られて退き、骨折と診断されていた。全治などは不明。

 糸原は球団を通じ「大事な時期にけがをしてしまい、本当に悔しい思いしかないので、一日でも早く戻れるように頑張ります」などとコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス