サルでコロナ症状を再現 予防・治療研究へ滋賀医大

 カニクイザル(滋賀医大提供)

 滋賀医大の伊藤靖教授(実験病理学)らのチームは29日、カニクイザルに新型コロナウイルスを感染させ、発熱や肺炎など人間の軽症患者の症状を再現できたと発表した。遺伝的に人間に近い動物のため、開発中の薬を試した際に効果や安全性の見通しがつきやすいのが特長。9月には東京都医学総合研究所が開発しているワクチン投与実験を行う予定だとした。

 チームが3匹の鼻や口からウイルスを感染させたところ、人間と同じように発熱、肺炎を起こした。1週間ほどは体内からウイルスが検出されたが、重症化しないまま回復。細胞に侵入するのを防ぐ中和抗体は1匹でできているのが確認された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス