スポーツ

鹿児島知事、23年の国体要望 佐賀は24年へ延期も検討

 鹿児島県での年内開催を断念した第75回国民体育大会と第20回全国障害者スポーツ大会の開催時期に関して同県の塩田康一知事が31日、2023年の開催が内定している佐賀県の山口祥義知事と佐賀県庁で会談し、鹿児島で23年に国体を開催し、佐賀は24年へ1年延期することを要望した。塩田氏は「地元としてはできるだけ早期に開催したい」と強調した。

 山口氏は会談後、報道陣に「24年を念頭に調整していきたい。結論は分からないが全力を尽くしたい」と語り、前向きに検討する姿勢を示した。

 日本スポーツ協会の大野敬三国体委員長は東京都で「方向性が見えた。大変ありがたい」と歓迎した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス