スポーツ

NTTドコモの選手がコロナ感染 ラグビートップリーグ

 ラグビー、トップリーグのNTTドコモは31日、所属選手1人が新型コロナウイルスに感染したと公式サイトで発表した。プライバシー保護のため、氏名などは非公表としている。

 発表によると、当該選手は練習がなかった24日に37・3度の発熱があり、27日に大阪市内の医療機関を受診した。29日に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、30日に陽性が判明した。この選手は23日の練習に参加して以降、自宅待機しているという。

 チームは29日に選手や関係者に自宅待機を指示し、30日から当面の活動を休止した。チーム関係者に対する濃厚接触者の調査を実施している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス