国際

米、失業給付加算が失効 経済対策で与野党協議不調

 【ワシントン共同】7月末までの成立を目指していた新型コロナウイルス感染症関連の米経済対策を巡る協議が7月31日、与党共和党と野党民主党との間で不調に終わった。今後も交渉を続けるが、同日で期限切れとなる失業給付の加算措置はいったん失効する事態に陥り、景気回復への影響が懸念されている。

 3月に成立した経済対策には、7月末まで失業給付を週600ドル(約6万3千円)上積みする特例が盛り込まれた。

 8月以降も現行の給付水準での延長を求める民主党に対し、トランプ政権や共和党は週200ドルへの減額を主張した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス