政治

感染防止へ休業要請相次ぐ 自治体が独自判断

 東京・新宿の歌舞伎町をマスク姿で行き交う人たち=7月21日夜

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、都市部を中心に飲食店の休業や営業短縮を求める自治体の動きが相次いでいる。宮崎県と沖縄県が1日、東京都は3日、愛知県は5日、大阪府は6日から。いずれも協力金の制度を用意する。北海道は適切な対策をしている“安全店”の利用を呼び掛ける。国が緊急事態宣言の再発令に慎重な姿勢を崩さない中で、独自の判断に踏み切る自治体が増えつつあり、協力金の財源確保も課題となる。

 東京都は3日から31日まで、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に営業時間を午後10時までとするよう要請した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス