国際

日本は同盟で大きな責任を 次期駐日米大使が議会証言

 5日、オンラインで開催された米上院外交委員会公聴会で証言するケネス・ワインスタイン氏(共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が次期駐日米大使に指名したケネス・ワインスタイン氏(58)は5日、上院外交委員会の人事承認公聴会に臨み、中国や北朝鮮を念頭に「北東アジアでわれわれが共に直面する重大な課題に対し、日本がより大きな責任を担うよう促す」と証言し、日米同盟における日本の能力向上の必要性に言及した。

 在日米軍専用施設が集中する沖縄に「不釣り合いな(重い)負担が、のしかかっている」と配慮を示した一方、中国と「インド太平洋で戦略的な競争に入っている」と指摘。日米とも同盟強化のため「やるべきことは多い」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス