スポーツ

10日の甲子園開幕でエール プロ野球界、出場校のOBら

 10日に甲子園球場で開幕する「2020年甲子園高校野球交流試合」を前に、プロ野球選手が球児にエールを送った。石川・星稜高のエースとして昨夏の甲子園大会で準優勝したヤクルトの奥川恭伸投手は「昨夏の決勝の再戦となる履正社戦が決まってびっくりした。精いっぱい戦って」と期待した。

 大阪・履正社高出身のロッテの安田尚憲内野手は「3年生は特に大変なことや、つらいことがあったと思う。いい思い出になるように」と願った。

 大阪桐蔭高で春夏連覇を果たした中日・根尾昂内野手は「決勝戦だと思って全力を出し切って。一人一人がやり切ったと思って終わることができるといい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス