芸能・文化

芥川、直木賞の贈呈式開かれる 「自分の物差し信じる」高山さん

 芥川、直木賞の贈呈式に出席した遠野遥さん(左)と高山羽根子さん。奥はオンライン画面の馳星周さん=28日、東京都内のホテル(日本文学振興会提供)

 第163回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が28日、東京都内で開かれ、「首里の馬」の高山羽根子さん(45)と「破局」の遠野遥さん(29)に芥川賞が、「少年と犬」の馳星周さん(55)に直木賞がそれぞれ贈られた。

 黒いドレス姿で登壇した高山さんは、新型コロナウイルスの感染拡大に触れた上で「これから先、何年書くことができるか考えることもある。書ける間は縛られた手をほどいてでも、自分のあやふやな物差しを信じていくしかない」と決意のコメント。ジャケット姿の遠野さんは「受賞を機に一層頑張りたい。書きかけの3作目はより面白くなると思う」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス