スポーツ

大坂、けがで決勝棄権 棄権撤回の一戦は快勝

 大坂なおみ=ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは28日、米ニューヨークで行われ、女子シングルス準決勝で世界ランキング10位の第4シード、大坂なおみ(日清食品)が第14シードのエリーズ・メルテンス(ベルギー)に6―2、7―6で快勝した。29日の決勝は左太もも裏のけがのために棄権し、四大大会2勝を誇る世界59位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が優勝した。

 大坂は26日に4強入り後、黒人男性銃撃事件などの人種差別に抗議するために一度は棄権を表明。大会主催者も抗議に同調して27日予定の準決勝を延期したことで、棄権を撤回した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス