スポーツ

JOC、オンラインで説明会再開 選手の就職支援制度「アスナビ」

 オンラインで開催された「アスナビ」の企業向け説明会で、自己PRする陸上の潮崎傑=16日

 日本オリンピック委員会(JOC)の就職支援制度「アスナビ」で、新型コロナウイルスの影響により3月から中断していた企業向け説明会が16日、初のオンライン形式で再開され、陸上やカヌー、レスリングの5選手が採用に向けて画面越しにアピールした。

 アスナビは、JOCが仲介役となって競技に専念できる環境を求める選手の就職先を探す事業。ここ数年は年間50人以上の採用実績だったが、本年度はコロナ禍で見通しが立っているのは数人と苦戦している。この日は25社ほどが参加し、競技で培った強みや将来の目標を語る選手の声に耳を傾けた。年内にもう数回開催する予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス