社会

震災遺構・中浜小を公開、宮城 山元町で26日開館

 報道陣に公開された、震災遺構となる宮城県山元町立中浜小学校の校内=16日午後

 東日本大震災の津波に襲われるも、児童ら90人全員が屋上に上がり難を逃れた宮城県山元町立中浜小学校が、震災遺構としての開館を前に報道陣に公開された。校内にははがれ落ちた天井や流れ込んだクロマツがそのまま残り、脅威の一端を伝えている。一般公開は26日から。

 児童らが一夜を過ごした屋根裏倉庫には、コンクリートの床に敷いた段ボールや、寒さをしのぐために使った学芸会の衣装などが残る。倒れた壁やはがれ落ちた天井から伸びた金具は、鉄骨などでの補強を除き、当時のままだ。

 屋上避難を決断した経緯を、当時の教職員が説明する映像も見られる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス