政治

菅内閣発足、第99代首相に選出 コロナ対策最優先、安倍路線継承

 認証式を終え、記念写真に納まる菅義偉首相(前列中央)と閣僚ら=16日午後8時14分、宮殿・北車寄(代表撮影)

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日午後、衆参両院本会議での首相指名選挙で第99代首相に選出された。夜の皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て自民、公明両党連立による菅内閣が発足した。菅首相は記者会見で「最優先の課題は新型コロナウイルス対策だ」と表明。加藤勝信官房長官(64)は閣僚名簿を発表し、河野太郎防衛相(57)を行政改革・規制改革担当相、安倍晋三前首相(65)の実弟の岸信夫元外務副大臣(61)を防衛相に充てた。

 首相は会見で「安倍政権の取り組みをしっかり継承し、前に進めていくことが私の使命だ」と強調。「アベノミクスを継承する」と訴えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス