芸能・文化

「超人」聖徳太子を映像で再現 東京国立博物館とKDDI

 研究員が監修し作画したイラスト「黒駒で空を飛んで富士山へ(太子27歳)」(5Gで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」アニメーションより)

 宙に浮いたり、36人の子どもが口々に話す言葉を聞き分けたり―。東京国立博物館とKDDI、文化財活用センターは17日、超人的なエピソードで知られる聖徳太子の姿を最先端技術で再現した映像コンテンツを制作、公開する共同研究プロジェクトを発表した。

 奈良・法隆寺の障子絵「聖徳太子絵伝」(1069年)を基に、高精細画像や5G移動通信システム、拡張現実(AR)技術を活用。29日から同博物館で鑑賞でき、特設サイトを通じてスマホでも楽しめる。

 見どころは、太子が甲斐国から献上された黒毛の馬で空を飛び、富士山を越え、信濃、越前、越中、越後を巡った逸話を基にした映像。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス