くらし

和歌山、国文祭・芸文祭をPR 県広報キャラバン、報道機関訪問

 国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭をPRするお笑いコンビ「すみたに」の角谷匡俊さん(左)と弟佳洋さん(右)=8日午前、和歌山市

 来年10~11月に和歌山県で開催される国民文化祭(国文祭)と全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)をPRするため、同県の広報キャラバン隊が8日、和歌山市内の共同通信社の支局を訪れた。

 紀州犬をモチーフにした県の公式キャラクター「きいちゃん」や、県出身のお笑いコンビ「すみたに」の角谷匡俊さん(44)と弟佳洋さん(40)らが訪問。隊長の匡俊さんは「県外から来た人に魅力を伝えるのはもちろん、県内の人にも文化に触れてもらえるようPRしたい」と話した。

 今年10~12月に宮崎県で予定されていたが、新型コロナの影響で延期され、来年は宮崎県と和歌山県でそれぞれ開催の見通し。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス