社会

5カ月ぶり真夏日ゼロ 最高は父島の29・7度

 17日は全国の気象観測点921カ所で、最高気温が30度以上の真夏日になった地点がゼロになった。5月22日以来、約5カ月ぶり。前線や湿った空気のため、沖縄や奄美、小笠原諸島でも雨や曇りの地域があった。

 気象庁によると、17日の全国最高気温は東京都小笠原村(父島)の29・7度で、沖縄県南大東村や北大東村の29・5度、鹿児島県天城町の29・1度などが続いた。一方、北海道陸別町では午前6時15分、氷点下1・0度を観測した。

 16日は沖縄県を中心に11地点で30度以上を観測していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス