スポーツ

カヌー、矢沢がW杯7位 女子カヤックシングル

 女子カヤックシングルで7位に入った矢沢亜季=スロベニア・リュブリャナ(日本カヌー連盟提供・共同)

 カヌー・スラロームのワールドカップ(W杯)の今季初戦は17日、スロベニアのリュブリャナで行われ、女子カヤックシングル決勝で東京五輪代表の矢沢亜季(昭和飛行機都市開発)が7位に入った。日本連盟によると、この種目では日本勢女子過去最高。

 矢沢は20人で競った準決勝で7位となり、上位10人による決勝に進んだ。矢沢は「決勝で戦ったことはいい経験になったし、自信につながる。まだまだトップ選手との差はあるのでしっかり練習していきたい」と話した。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス