国際

コロナの都市封鎖、段階的に解除 イスラエル、感染率は最悪水準

 17日、イスラエルのテルアビブで行われたネタニヤフ首相の退陣を求めるデモで、プラカードを掲げる参加者ら(共同)

 【エルサレム共同】コロナ感染拡大防止策として全国規模での都市封鎖(ロックダウン)を1カ月間継続したイスラエルで18日、段階的な封鎖解除が始まった。原則として自宅から1キロの範囲を超える移動が制限されていたが、一部地域を除き撤廃された。

 ネタニヤフ氏は17日夜「封鎖の決定は正しかった。協力してくれた皆さんに感謝する」との声明を発表した。

 人口約850万人のイスラエルではこれまでに30万人超の感染者が確認され、人口比の感染率は世界最悪水準とみられる。9月下旬には新規感染者が1日当たり8千~9千人規模に上る日もあったが、ここ数日は2千人を下回る日が続いている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス