経済

JTB、5年で百店閉鎖へ オンライン接客拡大

 JTBのロゴ

 旅行大手のJTBは18日、国内店舗の2割に当たる100店程度を今後5年間で段階的に閉鎖する方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染症の流行で経営環境が厳しく、店舗の統廃合を進めてコストを削減する。オンラインでの接客を拡大することで、業務の効率化を図る。

 閉鎖する店舗や人員の配置転換などの詳細は今後検討する。JTBはオンライン旅行会社の台頭などを受け、かつては約千カ所あった店舗を減らしてきた。現時点で個人向け店舗は約450店。コロナ禍も加わり、削減の上積みが必要と判断したもようだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス