経済

若年女性の失業率4・7% 非正規、宿泊・飲食直撃で

 完全失業率の推移

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で雇用環境が厳しさを増す中、25~34歳の女性の完全失業率(季節調整値)が8月に4・7%に上昇し、年代別・男女別でみて顕著に悪化したことが28日、総務省の労働力調査で分かった。2015年7月以来、約5年ぶりの高水準。不安定な非正規雇用の割合が高く、就業者が多い宿泊業・飲食サービス業がコロナ禍の直撃を受けたためとみられる。

 全体の失業率は、前月比0・1ポイント悪化の3・0%。このうち25~34歳の女性は、前月と比べ1・0ポイント悪化し、年代別・男女別では最も上昇幅が高かった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス