経済

トヨタ、下半期の世界生産最高へ 460万台、コロナの減少挽回

 トヨタ自動車本社

 トヨタ自動車が2020年下半期(7~12月)の世界生産について前年同期比5%増の約460万台を計画していることが2日、関係者への取材で分かった。下半期としては15年の453万台を上回り、過去最高の水準となる見通しだ。上半期(1~6月)はコロナ流行で減産を余儀なくされたが、下半期で挽回する。

 トヨタが2日までに生産計画を取引先に伝えた。

 9月の世界生産は前年同月比11・7%増の84万1915台で過去最高だった。中国や北米、欧州など主要市場で生産が拡大。7月、8月は前年実績を下回ったが、9月から回復基調が鮮明になっている。10月以降も回復を見込んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス