スポーツ

西武・増田がセーブ王確定 8年目で自身初

 西武の増田達至投手がプロ8年目で初めてパ・リーグの最多セーブを獲得することが5日、決まった。自己最多の33セーブを挙げている増田は試合がなかったが、32セーブの森(ソフトバンク)が残り1試合、30セーブの益田(ロッテ)が残り3試合となり、上回られる可能性がなくなった。

 増田は今季ここまで47試合に登板して5勝0敗、防御率2・11。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス