スポーツ

東海大V、1年の河村が貢献 バスケット関東大学男子

 ドリブルする東海大の河村勇輝(右)=茨城県つくばカピオ

 バスケットボールの関東大学男子のトーナメント戦「オータムカップ」の1部決勝は7日、茨城県つくばカピオで行われ、昨季のBリーグで最年少デビューを果たした1年の河村勇輝がプレーする東海大が79―47で大東大に勝った。

 東海大は米プロNBAのウィザーズでプレーする八村塁の弟、阿蓮のゴール下の得点などで序盤からリードした。途中出場の河村はスピードを生かしたプレーで攻撃の起点となり、約20分の出場で7得点、2アシスト、2スチールをマークして勝利に貢献した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス