スポーツ

神1―0D(11日) 近本、均衡破る三塁打

 8回阪神無死二塁、近本が右翼線に先制三塁打を放つ=甲子園

 阪神が無失点リレー。八回に失策による無死二塁から近本の三塁打で均衡を破った。藤浪が5回で9三振を奪い、岩貞が7勝目。能見が2年ぶりのセーブを挙げた。DeNAは大貫の好投を生かせず、2年ぶりのシーズン負け越し決定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス