スポーツ

Bリーグ、宇都宮が10連勝 琉球は信州下す

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は15日、広島県福山市のエフピコアリーナふくやまなどで10試合が行われ、東地区首位の宇都宮は広島に85―71で勝ち、10連勝で14勝1敗とした。同2位の千葉は秋田に102―58と大勝して12勝3敗。

 西地区首位の琉球は信州を80―71で下して12勝3敗。同2位の三河は横浜に88―84で競り勝ち、10勝5敗とした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス