国際

米最高裁、コロナで礼拝制限違憲 保守色強まる、5月と7月は合憲

 【ワシントン共同】米最高裁は25日、東部ニューヨーク州が新型コロナウイルス対策で、宗教施設での礼拝に集まる人数を制限した措置を違憲とし、差し止めを命じた。最高裁は5月と7月に同種訴訟で合憲と判断したが、トランプ大統領の指名で10月に加わった保守派バレット判事が違憲判断に回ったことで覆った。早くも保守色が強まったことを印象付けた。

 ニューヨーク州のクオモ知事は10月上旬、感染拡大の状況に応じて礼拝人数を10人ないし25人に制限する措置を講じた。これに対し、カトリック教会とユダヤ教のシナゴーグが撤回を求め、提訴していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス