スポーツ

プロ野球選手会、中日に抗議文 契約更改交渉の対応で

 日本プロ野球選手会は28日、中日の契約更改交渉で加藤宏幸球団代表による査定方法の説明が不十分であるのに加え、メディアに対し選手が金額への不満でもめている印象を与える発言をしているとして抗議文を送ったと発表した。

 中日では26、27日の交渉で木下拓、福、福谷の3選手が保留した。選手会は査定への説明が二転三転しているとして「選手と球団の信頼関係を維持できない状況」としている。

 今季は新型コロナ感染拡大による試合数減少や球団経営悪化で厳しい交渉が予想され、選手会は球団側に丁寧な説明を求める一方、選手には納得できるまではためらわずに保留するよう呼び掛けている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス