スポーツ

自由演技は高嶋らが制す パラ馬術全日本最終日

 自由演技 障害4を制した高嶋活士=馬事公苑

 パラ馬術の全日本大会最終日は29日、東京・世田谷区の馬事公苑で自由演技が行われ、障害4は高嶋活士(ドレッサージュ・ステーブル・テルイ)が得点率65・250で勝った。

 障害2は大川順一郎(蒜山ホースパーク)が63・122をマークし、吉越奏詞(四街道グリーンヒル乗馬ク)と前回リオデジャネイロ・パラリンピック代表の宮路満英(リファイン・エクインアカデミー)の両強化指定選手を抑えて制した。

 ともに出場1人の障害3は稲葉将(静岡乗馬ク)が67・956、障害1は2004年アテネ・パラ代表の鎮守美奈(明石乗馬協会)が65・312で優勝となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス