社会

若旦那の遺志継ぎコスプレ 大分・湯平温泉で撮影会

 湯平温泉街で実現したコスプレイベントで、写真撮影を楽しむ参加者=29日午後、大分県由布市

 大分県由布市の湯平温泉にある旅館「つるや隠宅」の若旦那で、7月の豪雨で亡くなった渡辺健太さん=当時(28)=が生前に企画したコスプレイベントが29日、同温泉街で実現した。県内外から約20人が参加。人気漫画「鬼滅の刃」の登場人物などに扮し、江戸時代から続く石畳を背景に写真撮影を楽しんだ。

 サブカルチャー好きの渡辺さんは、旅館の公式キャラクター「電脳女将・千鶴」を考案し、会員制交流サイト(SNS)を活用するなど積極的に温泉街の魅力を発信していた。

 イベントも渡辺さんが同県別府市を拠点に撮影会を開催している団体と共に企画した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス