スポーツ

バド桃田賢斗選手がコロナ陽性 遠征直前で代表派遣中止

 桃田賢斗選手

 日本バドミントン協会は3日、男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手(26)が同日午前に成田空港で受けた新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。

 桃田選手を含む日本代表は、12日から2週連続で開催されるタイ・オープン2大会に参加するため出発予定だった。桃田選手以外はスタッフも含めて陰性だったが、日本協会は全選手の派遣を中止した。

 昨年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した桃田選手は、12月下旬の全日本総合選手権で実戦復帰して男子シングルス3連覇を達成。タイ・オープンで約1年ぶりの国際大会に臨むはずだった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス