芸能・文化

再発令でエンタメ界さらなる痛手 「出ばなをくじかれた」

 緊急事態宣言の再発令で午後8時以降の外出自粛や大規模イベントの客数制限が求められた。音楽ライブ、演劇などエンターテインメント界の関係者は7日、昨年の損失を徐々に取り戻したい局面でのさらなる痛手に「お客さまの安全第一とはいえ、出ばなをくじかれた」と肩を落とした。

 アイドルグループ「AKB48」は東京・秋葉原の「AKB48劇場」での公演を中止した。東京や横浜でホールを運営するビルボードライブは一部の公演を中止。「8時終演だと平日のライブは不可能に近いが一度客足が遠のくと戻すのが大変。開演を早めるなどの検討をしている」とした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス