くらし

ハクチョウ800羽元気に、千葉 印西「白鳥の郷」、有志が整備

 千葉県印西市の「白鳥の郷」に飛来したハクチョウ=2020年12月26日

 千葉県印西市の水田「白鳥の郷」に800羽を超えるハクチョウが飛来し、元気に冬を過ごしている。約30年前に6羽が飛来したことから地元の有志が水質管理など環境整備を始め、多い年で1300羽を超す関東有数の飛来地となった。

 ここで冬を越すのはシベリアから北海道や福島県を経由し飛来した白鳥たちで、例年10月中旬から徐々に集まり2月半ばまでの数カ月間を過ごす。ピークは1月中旬ごろ。

 地元団体「本埜白鳥を守る会」の会長(72)は「鳥インフルの感染対策で周囲に石灰をまき、餌付けも最小限にしている。生態系を壊さないよう十分に配慮した上で、見守りを続けたい」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス