スポーツ

ラクビーTL、感染対策強化へ 新型コロナ、2試合中止で

 16日に開幕するラグビーのトップリーグで新型コロナの感染者が多数出たため2試合を中止にしたことを受け、太田治チェアマンが12日、オンラインで記者会見し「予防策、行動管理を徹底し、安全な大会運営を目指して大会の成立に尽力したい」と述べ、移動時などの対策を強化する考えを示した。感染防止のガイドラインを見直す。

 各チームには2週間に1度の定期検査を義務付けている。今回の結果報告は14日が締め切りで、今後結果が出るチームもある。感染者が出たチームによると、一緒に練習したことで濃厚接触者に認定された可能性もある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス