トルコ、中国ワクチンを承認 医療従事者から接種

 【イスタンブール共同】トルコ医薬品規制当局は13日、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。14日から医療従事者を中心に接種が開始される。

 ワクチンを接種する様子をテレビ中継したコジャ保健相は「これからの日々が明るくなると信じている」と語り、国民に接種を呼び掛けた。医療従事者や高齢者から接種を開始し、慢性疾患のある人々に拡大する方針。

 シノバック製ワクチンの接種はインドネシアでも始まったが、有効性に関して異なる評価が出ている。トルコの臨床試験の中間報告では91・25%とされた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス