スポーツ

NHL、不安の中で開幕 試合数減、地区再編し移動抑制

 ブラックホークス戦で得点して喜ぶライトニングのスタムコス(左)ら=タンパ(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】北米プロアイスホッケーのNHLは13日、新型コロナウイルスの影響で例年の秋から大幅に遅れて開幕して5試合が行われ、昨季王者ライトニングは本拠地フロリダ州タンパでブラックホークスに5―1と快勝した。試合のなかったチーム所属を含む22選手が感染対策規定で練習やゲームに参加できないなど、不安の中でのスタートとなった。

 レギュラーシーズンを82試合制から56試合制に減らし、当面はほとんど無観客とする。地区を北、西、中、東に再編し、カナダのチームは全て北地区に。プレーオフ序盤までは同地区内のみの対戦とするなど、往来を最小限に抑える。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス