国際

オランダ内閣が総辞職 育児手当の不当返還で引責

 15日、オランダの議会を後にするルッテ首相=ハーグ(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダのルッテ首相は15日、ウィレム・アレクサンダー国王に辞表を提出、内閣は総辞職した。税務当局が約1万世帯から育児手当を不当に返還させていたことが発覚し、責任を取った。ロイター通信などが報じた。ルッテ氏は「ひどい誤り」があったと認めた。

 オランダでは任期満了に伴い3月17日に下院選を予定しており、勝利が有力視されていたルッテ氏の与党に打撃となった。

 先月発表された議会調査報告によると、税務当局は2013~19年に「育児手当を不正に請求した」などと約1万世帯を誤って告発し、多くの家庭が数万ユーロ(数百万円)の返還を余儀なくされた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス