スポーツ

五輪パラ「最終決定は3月末か」 川淵三郎氏、私見をツイート

 川淵三郎氏

 東京五輪・パラリンピックで選手村の村長を務める川淵三郎氏(84)が16日、五輪・パラリンピック開催の見通しについて自身のツイッターで「最終決定は私見だが3月末頃か。IOC(国際オリンピック委員会)の判断に日本は従う事になる」とつづった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、世論調査では今夏の開催に否定的な意見が多数を占める現状に「中止は8割の人が納得し決行は2割の人が喜ぶ。その割合が増えない限り国を挙げての成功は難しい」とした。

 川淵氏はこれまでもツイッター上で「人々に夢と勇気と感動を与える唯一最大のイベント」「無観客は意味がない」など積極的に発言している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス