スポーツ

J1札幌のペトロビッチ監督骨折 外出先で転倒、合流日は未定

 J1札幌は16日、オーストリアに帰国中のペトロビッチ監督が、2日に外出先で転倒して左大腿骨を骨折し、手術を受けたと発表した。リハビリのため合流日は未定。札幌は18日から沖縄県でのキャンプを予定しており、監督不在中は四方田コーチを中心に活動する。

 札幌の三上ゼネラルマネジャーはオンラインで「開幕から数試合は監督がいない前提で話をしている」と話した。

 杉浦コーチ兼通訳が甲状腺乳頭がんと診断され、11日に手術を受けたことも併せて発表した。同コーチはキャンプ途中に合流する予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス