国際

独・与党の新党首に親メルケル派 16年ぶり首相交代、選出曲折も

 16日、ドイツのキリスト教民主同盟(CDU)党首に選出され、演壇に立つラシェット氏=ベルリン(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相の保守与党、キリスト教民主同盟(CDU)は16日、党首選を行い、親メルケル氏派の西部ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット州首相(59)を選出した。メルケル氏のリベラル路線を継承する考えだ。

 9月の総選挙後に引退するメルケル氏の後継候補選びが本格化。ラシェット氏は後継の座に近づいたが、次期首相には新型コロナウイルス対策で名を上げた姉妹政党の党首が人気で、決定には曲折が予想される。

 メルケル氏は2005年から首相を務め、ドイツの顔として知られる。CDUの支持率は首位で、国際社会は16年ぶりの首相交代に注目する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス